サブリースを依頼する

不動産案内

サブリースなら不動産管理が難しい場合でも、毎月安定した家賃収入が得られます。サブリース業者に管理や賃貸を委託する方法なので、大家さんや管理人は何もしなくても収入が入ってきます。

» 詳細へ

家賃滞納を防ぐ保証

家

家賃の滞納を心配している大家さんや管理人は、家賃保証会社に契約を依頼すると適切です。入居者が滞納した家賃を保証会社が代払いしてくれるので、大家さんや管理人は損をする心配がなくなるのです。

» 詳細へ

収益が見込める物件を選ぶ

物件

大阪にはあらゆる収益物件があります。最も一般人なのが住宅用です。次に法人に貸し出しするオフィス系、テナント系です。それぞれの特徴から高い収益が見込める収益物件を選び、購入しましょう。

» 詳細へ

リスクを考慮する

住宅

本業に専念しながら家賃収入が得られるマンション経営は、多くの人から支持されています。また、マンションを持つと資産として扱うことができるため、将来のことを見据えてマンション経営を始める人も少なくありません。若い人やファイナンス初心者でも始められるため、今、マンション経営はブームだといえます。しかし、マンション経営にはさまざまなリスクが伴います。このリスクをしっかりと把握し、対策を施さなければマンション経営は成功しないといえます。マンション経営のリスクについて把握したい人は、マンション経営セミナーを受講すると適切です。もしくは、不動産会社に相談しましょう。また、マンション経営をしたことがある人に相談する方法もあります。マンション経営で最も問題視されるリスクは空室です。

マンション経営は、入居者から得られる家賃が収入源です。そのため、入居者が少ないと充分な家賃収入が得られません。マンション経営をする際は、ほとんどの人がマンションを一棟ごと購入します。購入する際、多くの人がローンを組みます。このローン返済やマンションの管理費、維持費などは全て家賃収入からまかないます。しかし、空室が目立つと管理人は自分のポケットマネーで支払いをする必要があります。赤字経営にならないためにも空室リスクは回避しましょう。また、物件の価値が下がるリスクも考えられます。マンションの周りにコンビニやスーパー、学校などが揃っている場合は物価が上昇しますが、逆に不便な地域へと廃れていくと物価も下落します。また、火事や震災などによりマンションが崩壊するリスクも考慮する必要があります。保証会社に加入しておくなどの対策でリスクを回避できます。マンション購入時の行動がリスクを小さくする秘訣です。